一戸建てマンションリフォームでの違い

一戸建てマンションリフォームでの違い

一戸建てマンションリフォームでの違いは、基本的には仕様の違いが大きいです。 マンション用は各パーツが細かく出来ていることでより丈夫な造りのイメージがあります。外壁の状態は、一戸建てと大きな違いはなく、防音性、防水性、断熱性のどれもほとんど同じなので住む人のライフスタイルにいろいろと合わせられます。音楽が好きな人、演奏が好きな人は、ある程度の大きさの音までなら近所の間でも許容できる範囲内と言える状態です。ただ、マンションの方が防水や防音の性能が大きく、騒音低減化しているので、その分費用が高めです。

本格的なリフォームで、キッチン、トイレ、お風呂場など水回りのところは、一戸建ての方がいろいろと注文できるレイアウトの数も多く、多様な住む人の要望を満たせる可能性が大きいです。 マンションは比較的、意外と音が響くので、シャワーの音とか料理、洗顔などの水を流した音とかが上や下の階に漏れない工夫がしてあったり、自然災害等で外部に水が漏れないように防水してあったり、洗濯機やお風呂場の排水の音がしないように工夫してあります。一戸建てならそれほど対策が必要でないので安くなっています。

マンションのリフォームを希望する場合、外壁以上に建物内部の水回りの改装化をしたり、生活のエチケットである防音の見直しをして合格点に達するようにする必要があります。一戸建てのリフォームは大体、建築後20年を経過してから、どの部分を改装するかを考えることが大切です。 予算が許せば全面的に改装したほうが経済的である可能性があります。その際、今まで住んできて風呂場、キッチン、リビングルームの広さ、明るさなどでどんな快適さがあったかを点検して、次のリフォームに活かせるようにしていく必要があります。ベランダ部分はどうするかとか、洗濯物を干せる部分を広めに取って雨対策、雪対策ができるような強力な屋根を取り付けるなど補強部分とメンテナンス方法をしっかりと勉強することが良い住まいにつながります。

家族がひとつの屋根の下で暮らせるようにどこにお金をかけるかを考えることは非常に大切であり、体のメンテナンスと同じように、数年経ったら、壁のひび割れ具合などを専門家に無料で診断してもらえると良いです。その意味では、リフォーム前にできるだけ無料で家の無料点検をしてもらえるようにしたほうが、どんなリフォームをすれば良いのかという具体的なことがわかります。

興味があるサイト

このページのトップへ