一戸建てマンションリフォームでの違い

マンションは購入前からリフォーム計画を

マンションを購入してリフォームする人が多くなっています。しかし、注意点もあります。マンションは購入前からリフォーム計画をたてるようにしましょう。もし計画をたてないまま購入すると、思ったとおりのリフォームが出来ないことがあるためです。 その理由は、マンションのリフォームには様々な制約があるということにあります。例えば、間取りを変更したいと思った場合でも、取り払うことが出来る壁と、取り払うことが出来ない壁があります。構造壁であるため、撤去できないのです。また、柱も同様です。構造体に関わる柱は撤去も動かすことも一切できません。 その他、窓サッシ、玄関ドア、ベランダはまったくリフォームすることが出来ません。そのため、計画をしてから購入しないと、間仕切りをかえたら、窓がまったくなくなってしまったということもあるのです。また、思い描いていた部屋のインテリアにはあわない窓サッシの色であった場合、困った事になります。ただし、内窓を既存の窓サッシにつけることは出来ます。そのため、防音、断熱に関しては性能をよくすることが出来るのです。 玄関ドアもリフォームできないので、イメージしていた玄関と違ってくることがあります。床に敷いたタイルの色とあわないという事もあるのです。 また、水回りの移動は出来ません。スケルトンリノベーションであれば別ですが、リフォームでは難しいです。配管などの関係のためです。キッチン、トイレ、洗面所、浴室は動かすことが出来ないので、しっかりと考えた上で、選ぶようにしましょう。もちろん、設備機器自体は交換することが出来ます。 床も管理規約で制約がある場合があります。階下への防音のために、一定以上の防音性能があるフローリングを敷くことになっておることがあるのです。管理規約もチェックしておくようにしましょう。 このように、マンションは購入前からリフォームの計画をたてることが大切になってくるのです。

このページのトップへ