一戸建てマンションリフォームでの違い

ポイントを抑えてもできないリフォームも

リフォームでは効率よくプランを組み立てるためにポイントを抑える必要がありますが、できることとできないことがあるため工事を依頼する施主としても知識を持っておくことが大切です。最近では古くなった住宅をフルリフォームにより作り変える人が増えていますが、間取りの変更を伴う場合にはできないプランが出てきます。昔ながらの間取りでは、間仕切り壁が多く部屋数も多いのが特徴ですが、現代では間仕切り壁の少ないオープンな空間を望むことが多いのです。木造では柱が2階の床を支えているため、簡単には撤去することができないのです。大空間を実現するには柱や間仕切り壁を取り除く必要があるため、既存の構造体では困難な状況となります。リフォームでは仕上げ材を新しくするだけではなく、間取りの変更と共に増築を行うプランも可能です。増築とは簡単にいえば床面積を増やすことですから、法律との関係が出てくるのです。法律には様々なものがありますが、増築に係るものでは建ぺい率や容積率があります。建ぺい率は敷地面積に対して建築できる建築面積を言いますが、法律で指定されている数値を超えてしまう場合には違法建築となり増築ができないのです。ですから、リフォームでは法律との関係を把握することがポイントになってくるのです。また標準的な費用よりも掛かりましになることで、リフォーム資金の調達が難しくなる場合もあります。準防火地域内の木造住宅は火災に耐えられる一定の性能が求められますが、既存不適格の場合にはリフォームを行う際に防火規定に対応させる必要があります。使用する仕上げ材の価格が割高になるため、工事費用が割高になるのです。他にも接道義務を満たしていない建築物の場合には、増築できないばかりか建て替えもできないために注意が必要なのです。リフォームは専門業者が多数ありますが、法律による制限や構造によってできないプランがあるため、設計事務所などの専門家に依頼することが大切です。

このページのトップへ