一戸建てマンションリフォームでの違い

一戸建てのリフォームは自由度が高い

リフォームをする場合、マンションと一戸建てでは色々と違いが有ります。中でも、大きな違いは自由度の高さです。一戸建てはマンションに比べると、とても自由度が高いのです。 マンションの場合、様々な制約を受けなければいけません。まず、外に面している部分などは一切変えることが出来ません。そのため、窓サッシ、玄関ドア、ベランダなどはリフォームすることが出来ないのです。また、キッチン、トイレ、浴室、洗面所などの水回りも移動させることは難しいです。配管などの関係のためです。その他、増築はできませんし、構造壁が多いため、それらを動かすことは難しいです。大幅な間取り変更がとても難しくなってしまうのです。 しかし、一戸建てのリフォームの場合は違います。玄関ドア、窓サッシ、勝手口など、どれも変更することが出来ますし、もちろん、水回りを動かすことも出来ます。窓がまったくなかったところに窓をつけたり、今まで窓があったところを壁にしたりすることも出来ます。玄関の位置を移動させることも出来るのです。その他、土地があれば増築も出来ますし、大幅な間取り変更もすることが出来ます。二階の床を抜いて吹き抜けにしたり、階段を移動させたりすることも出来るのです。そのため、色々と思い描いている形のリフォームをすることがとてもしやすいです。 ただし、注意も必要です。一戸建てであっても、木造軸組や鉄骨軸組などの場合は良いのですが、パネル工法で建てられているもののように、壁で家を支えているような住宅の場合、窓をつくったり間取り変更をしたりすることは、難しい場合があります。工法によっても異なってくるので、リフォーム工事をしようとする場合は、どのような工法で建てられている住宅なのか、きちんと確認するようにしましょう。また、鉄骨の場合は階段も鉄骨であることが多く、移動が難しくなります。これらも注意が必要です。 それでも、マンションに比べると、自由度がとても高いリフォームが出来ます。

このページのトップへ